マンション管理費払えない時にベストな行動をする全ポイント

住宅ローンを借りていて、固定資産税を払うとマンションの管理費が払えない月があったりしてとても困ってます。もちろん払ったほうがいいのは分かるのですが生活は余裕がなくてもうこのままでは、マンションを売却したほうがいいのかと考えています。購入して金額より売れる金額は低いはずなので、占いでそのまま住み続けた方が良いのか、それとも売却して残ったお金を返済していく方がいいのか悩んでいます。どちらの方が良いのでしょうか?

このようなケースは住宅ローンお借りている銀行もしくは信用金庫などの担当者とのお話しすることをお勧めします。場合によってはローンの返済を国定であったら、変動金利にしたいその他、どうにかして安くできないかと銀行員さんが提示してくれる場合があるからです。

 

なぜ銀行や信用金庫の担当者と話すかということになりますとそれはローンの残席が残った状態で売却をする際にマンションのデートを外してもらえないということは全国で多々起こっているからです。

 

さて、これから売却するぞと思っても結局は銀行に行って抵当権を外さないといけないということになります。

 

そうなってくると管理費、固定費2体の筋がないか、ということなどがバレてしまって結局マンションを売却することも出来過ぎ管理費をきちんと支払わないといけないなどということになります。

 

そうなってくると、銀行は払えないあなたのマンションを競売にかけるように言い寄ってきます。なぜなら、競売にすると銀行が最初に金額を受け取れます。住宅ローンの残りはあなたがきちんと収めるようにしてくれれば、銀行は何も問題がないからです。

 

ですが貴方は高く売却して、少し自分の手元にお金が残って引越し費用などにしたいとか書いてるかもしれませんが銀行はそのお金すら残そうとせず、自分たちが回収することだけを考えています。

 

銀行の立場からすると、その方が自分たちが損をしないできちんとお金を回収できるのでお得ですよね。

 

なのでこの場合は住宅ローンを借りている銀行や信用金庫の担当者さんときちんと誠意をもってお話することで返済プランを変更してもらう事をまず第一に検討します

 

それでも返済できないマンションの管理費などが払えないと判断された場合には最初は2売却になるかと思います。任意売却だと差し押さえ等の競馬よりは少し高めに売れることが出ますので残った住宅ローンの返済ね。やや有利になることがあるかと思われます。

 

ここからは私の推測になりますが、銀行員さっなって人間ですからあなたの事情を考慮してどうにか負担がないようにしてくれるはずです。

 

ただしこの場合、きちんと相談されているということが重要になってきます。修繕積立金が高いマンションの管理費が払えないといったことを銀行に相談するのは本当に骨が折れることです。

 

今後給料が増えていくのかどうなのかもわからないそれなので態度を続けていくと別のカードローンやキャッシングの審査にも影響がすいてくるかと思われます。

 

またマンションの管理費を払えなどと管理組合から要求されることもありますし

 

ひどいマンションだとマンションの管理費を払わないと嫌がらせを受ける場合もあります。それもマンションの理事あたりから言われることが多々あります

 

最後におまとめしますとマンションの管理費は払わないと、競売若しくは任意売却にかけられることがあります。
それはローを払い終わっててもそうなる可能性が多々ありますので注意するようにしてください。

 

以上になりますが、マンションの管理費を払えない非修繕積立金が大の意味の場合には必ず後で書いてあることを参考にすることをお勧めします。

 

更新履歴